biz育について

HOME» biz育について »Q&A

biz育について

Q&A

Q 起業を検討しています。起業を成功させるために一番重要なポイントは何ですか?
A

将来的に起業をしたいけれど、そのチャンスを狙っている段階の方。

一歩前に進むために一番重要な判定ポイントは、あなたの想定しているビジネスプランに事業性あるか、無いかをしっかりと見極めることです。
 

そのビジネスに使命はあるか。

そのビジネスにニーズはあるか。

競合の中で自分のビジネスの弱み、強みは何か。

なんとかなるさ。と甘く考えてはいないか。

独りよがりの偏った考えに陥っていないか。
 

起業を創める前にあなたのビジネスプランを客観的に応援してくれる機関の利用をお奨めします。

商工会議所や中小企業庁が行う創業支援セミナー等に参加をしたり、独立行政法人中小企業基盤整備機構で行っているインターネット、電話、対面方式による無料の個別指導を利用して、一度ご自分のビジネスプランをブラッシュアップしてみてはいかがでしょうか?


もちろんこの「biz育」を運営する佐々木税理士事務所でも、あなたのビジネスプランをより成功に導くお手伝いをしています。

お問い合わせの画面よりお声かけください。

東京商工会議所  http://www.tokyo-cci.or.jp

独立行政法人中小企業基盤整備機構  http://www.smrj.go.jp

 

Q ビジネスプランには自信がありますが、資金調達の方法がわかりません。

無担保、保証人無しでも融資を受けることができますか?
A

日本政策金融公庫という100%政府出資の機関があります。

その機関では「新規開業資金」「女性・若者・シニア起業家資金」「中小企業経営力強化資金」「再挑戦支援資金」など他にも創業者のための融資制度を設けています。また全国の信用保証協会では創業を支援するための創業保障制度も用意されています。

いずれの融資も申し込みにあたっては、借入申込書、創業計画書などの書類の提出が必要になります。

 

各種申請書等の書き方がわからない、融資申し込みに一人では不安等でお悩みの方は、この「biz育」を運営する佐々木税理士事務所にご相談ください。

親身に対応いたします。

お問い合わせの画面よりお声かけください。   

 

Q 返済の必要の無い創業時の補助金・助成金があると聞きました。どのような制度ですか?またどこにその情報はありますか?
A

返済の必要の無い補助金助成金は、国、地方自治体等から提供されますが、基本的には予算制度で運営されているため、応募の時期や限度額等制限があります。各種補助金・助成金はうまくタイミングを計り利用したいものです。

中小企業庁では「ミラサポ」という創業支援サイトを運営しています。そこでは補助金・助成金の最新情報を検索することが出来ます。

また、中小企業基盤整備機構の行う「J-NET資金調達ナビ」利用もお奨めです。

ミラサポ http://www.mirasapo.jp/

J-NET資金調達ナビ http://j-net21.smrj.go.jp/srch/navi/

この「biz育」を運営する佐々木税理士事務所では定期的に補助金・助成金の情報も提供しています。

 

Q 融資を受ける際、決算書の写しを銀行に提出しますが、銀行側はどの部分を注視するのですか?
A

決算書は会社の信用状態を判断する最も重要な書類となります。経営者の方はとかく決算書では損益計算書を重視しているようですが、銀行が趣旨の判断をする場合は貸借対照表を重視します。

その中で銀行が特に注目するのは「自己資本比率」「流動比率」となります。

 自己資本比率=自己資本/総資産×100

 流動比率=流動資産/流動負債×100

自己資本比率が50%以上あれば優良会社、30%以上あれば合格ライン、逆に自己資本比率がマイナス

(債務超過)の状態であると融資は難しいと判断されます。

また一般的に流動比率は200%以上あると安全とされていますが、業種などにより指標は異なります。

 

 

2017/07/06