biz育ブログ

HOME» biz育ブログ »初めて融資を受ける時 ~姿勢編~

biz育ブログ

初めて融資を受ける時 ~姿勢編~

銀行

金融機関との付き合い


起業する前は
銀行は給与を振り込んでもらうためだけのもの
若しくは住宅ローンを借りているところ

その程度のお付き合いしかない方が大半でしょう。


テレビCMのようにサラリーマンで
信託の相談や相続の話をしたことがある人なんて
ほんの一握りの日本人だと思います。


起業してもっと事業を大きくするために投資がしたい!
だから金融機関から融資を受けたい!と思ったとき
「さて、どうしたものか」と
初めて金融機関との付き合い方考えるのが普通です。
 

決算書は「銀行との会話ツール」


決算申告書はなぜ作られるのか?
・・・税務申告のために税務署に提出するもの・・・
という役割だけではありません。


融資を受けようとする時、開業したばかりで
まだ1回も決算を迎えていない場合は別ですが
必ず金融機関から
前3期分の「決算報告書」の写しの提出を求められます。


もちろんこれは
その企業が本当に借りた資金を
返済できるチカラがあるか

判断をするための材料になるからです。
 

「数字には当事者の考え方が反映される」


正直私も事業再生の案件で
経営状態のよくない企業の決算書を
見る機会も
多いのですが


決算書の中身の問題よりも
その前に「えっ!」と思ってしまうくらい
汚い決算書を目にすることがあります。
決算書が大切に扱われていないのです。


連続して決算書をしまっていないため
机の引出しのあちらこちらから
全体が揃っていないコピーが出てきたり
つづり方がいい加減で
ところどころ上下も逆でファイルされていたり。


決算書をつくる立場としては
こんな決算書を見ると
とても悲しい気持ちになりますが
そんなズサンな姿の決算書は中身の数字もズサン。


数字を大切に考えていない
経営者の姿勢がうかがわれます。


経営者の経営に対する姿勢を
決算書は反映しています。


私たち税理士にとっては
決算書は「税務申告のツール」でしかありませんが
経営者の方にとってはそれ以上に
「資金調達の生命線」であり
「銀行との会話のツール」です。


決算書は大切に扱ってあげましょう。
 

融資を受ける原則


多分、私たち税理士以上に金融マンは
沢山の会社の申告書を見ています。


ベテランの金融マンならば
その会社が決算書を大切に扱っているか
経営者が数字(お金)をどう考えているのか


一目見て経営者の姿勢までわかってしまうはずです。
金融機関に決算書の中身について
説明を求められたとき


経営者の方に多いのは
「ボクは数字に弱いから」と
決算書の説明を
経理担当者や
税理士任せに
してしまおうとする方です。


融資を受ける場合これはまず大減点。


経営者が直接、決算書の説明をすることが
融資を受ける原則です。


「数字に弱い」
「今までどんぶり勘定だったから」では
言い訳になりません。


会社を起こしてから
今までのお金の流れや経営成績が
自分の言葉で説明できるように
これは日頃から勉強してください。


いざ融資を受けようと思ってから
付け焼刃の一夜漬けでは
すぐにバレてしまいますから。

 

真摯に向き合う


経営成績が良くない決算書であっても
ウソはつかないこと。


数字は常に連続しています。
一度ウソをつくと辻褄があわなくなり
またその次も
ウソをつかなければならなくなります。


たとえ現在の経営成績が悪くても
その対処方法や今後の経営計画のなかで
挽回の策を持ち


真摯な態度で応じれば
融資が無理ということはありません。


ここまでは融資を受ける際の
姿勢についてお話しました。


次回は実践編のお話をします。

 

 

 

 

 

2019/01/23

biz育ブログ

過去のセミナー

ビジネス

無料小冊子

DG

facebook

佐々木税理士事務所

 

電子書籍

biz育からのお知らせ

サービス一覧

biz育について

セミナー

無料小冊子

確定申告

ビジネスモデル デザイン

ビジネスモデルコンサル

税理士セカンドオピニオン

税率表

スタッフブログ

お問合せ

金融アドバイザーのスペシャリスト

徳永貴則先生のサイト

スペースワン

メルマガ会員登録