スタッフブログ

HOME» スタッフブログ »数字に強いって何?

スタッフブログ

数字に強いって何?

数字

毎日数字と向き合う


みなさんこんにちは。
いよいよ今週で1月が終わりますね。


あっという間のような気もするし
え、まだ1月なの!?なんて気もするし
不思議なものです。


さて
どこの税理士事務所も

同じ状況だと思いますが
佐々木税理士事務所でも今は

法定調書の手続きなどでばたばたしています。


私も毎日数字と向き合っているわけですが
ビジネスの場面でもよく聞く
あの「数字に強い・弱い」って

いったいどういう意味なんだろうと
思ったことはありませんか?


そこで
調べてみました!

 

数字をもとに考え行動できる人


数字に強い人とはずばり
数字の意味が分かり数字を使ってものを考えられる人

のことを指すようです。


ちょっと難しいですね。


例えば
自社の利益が前年と比べ60%増えたというときに

「やった今年は経営が上手くいったんだな」と
表面的な部分をみて終わるのではなく

なぜこんなに利益が増えたのか、など
60%という数字をもとに分析・行動を起こせる人を
数字に強い人というようです。


なんてこれでも
ちょっと難しいですね。



ですがはっきりしているのは
計算が速いとか
学生時代にやっていた数式が得意とか
そういうことではないということです。

 

トレーニングで強くなる


私は数字に強くはないはずなんですが
以下のことを意識すると
数字に強くなれるとのことなので
参考にしたいと思います。

 

1.質問の答えには数字を使う
プロジェクトの進捗状況などを答えるときなど
「もうすぐ」とか「しばらく」とか
あいまいな表現ではなく
「現時点で80%は終わっているので
 あと2日で終わります。」
という風に数字を使って答える

 

2.すぐに調べない
競合の市場規模や利益などを知りたいとき
ネットで調べればパッと
出てくるかもしれませんが
まずは自分の分かる範囲の情報を元に
考えてみる


急いでるときは
調べたほうがよさそうですけどね(笑)


数字に強い人って
なんだかかっこいいですよね。


私もかっこいいビジネスマンを
目指そうと思います!


では、さようなら!
 



 





 


 

2019/01/29

スタッフブログ

過去のセミナー

ビジネス

無料小冊子

DG

facebook

佐々木税理士事務所

 

電子書籍

biz育からのお知らせ

サービス一覧

biz育について

セミナー

無料小冊子

確定申告

ビジネスモデル デザイン

ビジネスモデルコンサル

税理士セカンドオピニオン

税率表

お問合せ

金融アドバイザーのスペシャリスト

徳永貴則先生のサイト

スペースワン

メルマガ会員登録