biz育ブログ

HOME» biz育ブログ »自社のコア・バリューを考える

biz育ブログ

自社のコア・バリューを考える

コア・バリュー

あなたの会社の「コア・バリュー」


「コア・バリュー経営」という考え方が最近は増えていますね。


コア・バリューとは「中核的価値観」と訳されます。
その企業が最も重要であると考える価値観です。


あなたの会社の
「考え方」「働き方」の基盤となる信条とはなんでしょうか?


コア・バリューは単なる標語ではありません。
「核」となる価値観です。


その企業に属する全ての人が共有する
「意思決定の判断基準」となるものです。


それは、決して変わるはずのないもので
外的要因には左右されない「本質」を指します。


もちろん企業だけでなく、個人、家族、国家においても
コア・バリューといわれる存在はあるはずです。


それは言語化していない場合もあります。


今回は、それを見えるように言葉に表してみましょう。


HPで自社のコア・バリューを謳っている企業もあります。
ぜひ参考にしてみてください。


・YKK

https://recruiting.ykk.co.jp/newgrads/about/rinen-3.html

 

・Zappos

https://www.zappos.com/about/what-we-live-by

 

・ソフトバンク

https://group.softbank/corp/about/philosophy/value/

 

SBBSの「コア・バリュー」


ちなみに、私が所属する
SBBS(シェア・ブレイン・ビジネス・スクール)のコア・バリューは


・見返りを求めず、シェアする(Give & TakeではなくGive & Give)

・「やり方」でなく「あり方」を追求する

・「真善美」に基づき、意思決定する

・競争するのではなく、共生する方法を創造する


というものです。
 

佐々木税理士事務所の「コア・バリュー」


では、佐々木税理士事務所の
コア・バリューは何だろうかと考えてみました。


意識したのは以下の3点です。

○今後変わることのない一連のルール

○それにそぐわない人材は雇用しないと言い切れるもの

○このルールのためなら、経済的に損でも良いと思えるもの
 

【佐々木税理士事務所のコア・バリュー】

・金銭的な利益より、その場にいる全ての人の笑顔(幸せ)を優先する

・タテ社会は作らない。フラットな人間関係

・人に圧力をかけない(必要以上の無理はしない・させない)

・常に成長を意識する


組織という規模の事務所でもないので
自分に対する規範になっているかも知れませんが、いかがでしょうか?


経営者のあなたにとって居心地のよい企業が作れなければ
幸せな人生は送れないはず。


会社の経営計画を立てる前に
まずはあなたの会社の「コア・バリュー」を
考えてみてはいかがでしょう。

 

 

 

2019/06/28

biz育ブログ

過去のセミナー

ビジネス

無料小冊子

DG

facebook

佐々木税理士事務所

 

電子書籍

biz育からのお知らせ

サービス一覧

biz育について

セミナー

無料小冊子

確定申告

ビジネスモデル デザイン

ビジネスモデルコンサル

税理士セカンドオピニオン

税率表

スタッフブログ

お問合せ

金融アドバイザーのスペシャリスト

徳永貴則先生のサイト

スペースワン

メルマガ会員登録