biz育ブログ

HOME» biz育ブログ »個人事業か法人成りか?

biz育ブログ

個人事業か法人成りか?

法人成り 起業 

ほんとに「法人成り」がお得?


起業の方法として「個人事業」でいくか、「法人成り」するか、どちらが得なのかいろいろな考え方がありますよね。ここでは私の考えをご紹介します!
 

私の印象では、多くの方が、法人税率の引き下げが行われることもあり、給与所得控除なども踏まえて「法人成り」の方がトク!とお考えの方が一般に多いように思います。
 

ですが、形式的な信頼性ということは別にして、金銭的にどっちがトクか考えた場合、私は「法人成り」が有利だとは思いません。


なぜなら、社会保険料の負担の問題があるからです。
 

社会保険料の負担


昔は政府が管轄している社会保険の加入は小規模法人に対しては「入れてあげますよ」というような態度でした。ですが最近は、法人の場合、給与受給者が事業主本人だけでも強制加入が原則になっています。


例えば月給60万円の場合、個人負担の厚生年金は約5.5万円。そして、健康保険は約2.9万円。


ということは、720万円の年収(役員報酬)の方は年金と健康保険の両方で年間100.8万円の負担になります。


これでは所得税の負担なんて比ではありませんね。


さらに、これで終わりではありません。これは個人負担分だけの金額です。
 

会社と個人で保険料は基本折半ですから、実質保険料の納付額はこの2倍。つまり、合計200万円もの社会保険料を納付しなければなりません。
 

たとえ利益が出ていなくても、地方税均等割りの負担もあります。
 

法人成りは利益が出てから


というわけで、法人成りは、確実に利益が出せる状況になってからをお勧めします。

 

 

 

2016/03/22

biz育ブログ

セミナー

ビジネスモデル

小冊子

DG

facebook

佐々木税理士事務所

 

電子書籍

biz育からのお知らせ

サービス一覧

biz育について

セミナー

無料小冊子

確定申告

ビジネスモデル デザイン

ビジネスモデルコンサル

税理士セカンドオピニオン

税率表

スタッフブログ

お問合せ

金融アドバイザーのスペシャリスト

徳永貴則先生のサイト

スペースワン

メルマガ会員登録